事業再生・財務revitalization

SHARE

後で読む

事業再生に成功した社長は、なぜ「神風」をつかまえることができたのか?


%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e5%86%8d%e7%94%9f%e3%81%ab%e6%88%90%e5%8a%9f%e3%81%97%e3%81%9f%e7%a4%be%e9%95%b71

「1000社を立て直した事業再生の専門家にお任せください」「事業再生の方法を1回のご相談で提示します」――。ネットで「事業再生」と検索すると、こうしたキャッチコピーを掲げた企業やコンサルタントが多数見つかります。これを見ると、事業再生は簡単にできそうにも思えますが、私の経験から言って、一度傾いた事業を再生することは非常に難しいことです。事業再生を成功させるポイントを私のクライアントの事例から探ってみましょう。

瀕死の状態だった会社が、奇跡のV字回復を果たす

経営不振に陥った中小企業が事業再生を成功させるには、何が必要なのか。
もし、そう聞かれたら、私は率直にこう答えます。
「『神風が吹くまで待つこと』。神風が来ないと、事業再生は極めて難しいですよ」と。

たとえば、私のクライアントの一つに、小さな広告制作会社があります。数年前、この会社は深刻な業績不振に陥っていました。外注しているデザイナーやカメラマンなどにギャラが払えなくなり、誰がどう見ても、倒産は避けられない状況でした。

ところが、この会社は奇跡のV字回復を果たします。
営業したわけでもないのに、突如、今まで手がけたどの仕事よりも大きな案件が舞い込んだのです。これによって、業績は一気に改善。さらに、大手企業から別の案件も依頼され、この仕事を手がけたことで、希少な専門性を獲得しました。

この専門性を買われ、今では多数の新規顧客をつかみ、経営はうそのように安定しています。一時期は、生気を失い、うつろな目をしていた社長も、今では「従業員を大切にする会社をつくろう」と理想に燃えている状況です。

「毎月1万円で…」と土下座して頼む

%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e5%86%8d%e7%94%9f%e3%81%ab%e6%88%90%e5%8a%9f%e3%81%97%e3%81%9f%e7%a4%be%e9%95%b72

「ようは、事業再生は、運次第ということじゃないか。読んで損した」。
この話を聞いて、そう思った人も少なくないかもしれません。

しかし、「運をつかむのも才能の内」といいます。
神風をつかまえた人は、何もしていないわけではありません。彼らには共通した特徴があります。それは、「神風が吹くまで、長期戦に持ちこたえられるような態勢」をつくっていたことです。

たとえば、広告制作会社に関していえば、ある延命策を講じました。
それは、ギャラの未払いが続いていた協力会社やフリーランサーに、「毎月1万円ずつ支払うから、それ以上の支払いは待って欲しい」と土下座をして回ることです。もちろん、月1万円では話になりませんから、行く先々で激怒されるでしょうが、「1万円しか払えません」といわれたら、飲まざるを得ません。

私の提案に、最初は難色を示していた社長でしたが、「背に腹は代えられない」と、叱られながらも、すべての関係者に話をつけました。結果、この会社はなんとか存続し、のちに吹いてきた神風をつかむことができたのです。

神風は準備した人しかつかめない

仮に、皆さんが同じ立場に陥った時、この社長のような行動がとれるでしょうか。

支払いが滞った場合、多くの社長は、「月1万円しか払えない状況」でも、
「翌月になったら、まとまった入金があるので、そこで全額を払う」などと言い、結局、翌月も払えない。結果、取引先の信頼を失っていくことになります。

「月1万円」だなんて言ったら、みじめですし、怒られますからね。しかし、そのプライドが破滅の元。これが言えないからこそ、そのうち、月1万円ですら払えない状況になり、倒産に追い込まれてしまいます。
もし、会社があと1~2カ月続いていたら、神風が吹いてきたのに……といったことはよくあること。そのためには、時にはプライドをかなぐり捨てることも必要なのです。

神風を待ち続けられる態勢をつくるには、返済額を減らすだけでなく、固定費を削減する手もあります。
私が開業時から付き合っているスーパーマーケットは、大手スーパーの攻勢にあい、三か月以内に倒産する危険水域に達していましたが、人件費を抑えることで持ちこたえました。

すると、大手スーパーが業績不振で撤退し、客が戻ってきたのです。単に運が良いだけにも見えますが、経費削減の努力がなければ、運も逃げていったことでしょう。

「いつか神風が吹く」と待っているだけではダメ。しっかり準備をした人だけが、神風をつかまえられるのです。


毎月3名限定で無料相談を行っています。

五島洋税理士事務所では、
毎月3名限定で無料相談を実施しています。
お気軽にお申し込みください。
第1金曜日:セカンドオピニオン
第3金曜日:起業相談

電話でのお申し込み
03-6906-8430

webでのお申し込み

※こちらのボタンを押しても
お申し込みにはなりません。ご安心ください。

この記事が気に入ったら
“いいね” しましょう!

社長のための経営相談所の最新記事をお届けします。

関連記事related articles