企業・開業資金Funds

SHARE

後で読む

事業の方向性、従業員教育に思い悩み、一旦休業。 その間も絶やさず連絡をくれて、再スタートを切ることができました。後編


%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e3%81%ae%e6%96%b9%e5%90%91%e6%80%a7%e3%80%81%e5%be%93%e6%a5%ad%e5%93%a1%e6%95%99%e8%82%b2%e3%81%ab%e6%80%9d%e3%81%84%e6%82%a9%e3%81%bf%e3%80%81%e4%b8%80%e6%97%a6%e4%bc%91%e6%a5%ad

「現場のスタッフと経営者の自分との意識の差をいかに埋めていくか」――従業員を抱える社長ならば誰もが思い悩むポイントではないでしょうか。訪問看護事業で業績が好調に推移するなか、何もかも自分で背負いこむ形で一旦休業した田中さん(仮名)もそうでした。再起に一歩を踏み出すことができたきっかけは何だったのか。お話をうかがいました。

田中雄二さん(仮名)
2010年、訪問看護の会社を設立。質の高いサービスが評判となり、順調に売上を伸長。しかし、人材とサービスのクオリティの確保に悩み、15年に一旦休業。他のビジネス展開なども考えたものの、再起を決意。17年、新拠点で訪問看護の事業を再開予定。

(前半はこちら)

事業拡大とともに、現場の仕事がルーチン化……

田中 ただ、順調に事業が拡大する一方、違う悩みが浮上してきたんです。
一つは、サービスの質をいかに維持、アップさせていくか。
多くの経営者が抱える悩みだと思いますが、仕事もスタッフも増えてくると、どうしても仕事がマンネリ化したり、対応がドライになってきたりといった現象が出てくる。

マニュアルに逐一従ってやる業務なら、それでもいいかもしれませんが、生身の人間、なかでも看護を必要とする人を相手に、「いつも同じことをしていればOK」というはずがありません。
けれど、スタッフがあげてくるレポートの看護記録を見ると、仕事がルーチン化していることは明らかでした。

大手のようにブランド力のない当社にとっては、スタッフ一人ひとりが愛情を持ち、丁寧かつ細やかなサービスを提供することこそが差別化のポイントとなります。
そして、現状維持で良しとせず、常にサービスの質を上げ、新しいことに挑戦していくことも肝要であり、私もそこに心を砕き、試行錯誤を繰り返してきました。

もちろん、スタッフとしても手を抜いているつもりはないだろうし、それで苦情が来ているわけではありません。
しかし、今は良くても、いずれほころびが出てくることは間違いない――売上が順調な一方で、危機意識は高まるばかりでした。

経営も現場の仕事も自分ひとりで背負い込み、ダウン!

田中 二つ目の問題は、こうした状況下、いかにスタッフを教育していくか。
ビシッと、叱咤激励できるようなカリスマ経営者タイプならばいいのでしょうが、私はよく言えば職人肌というか、なかなか経営者に徹することができないタイプ。
とはいえ、常に現場に自分がついていき、逐一、指導するわけにもいきません。

「厳しく言うと、せっかく入ってくれたスタッフが辞めてしまうかも」という不安もあり、一人悶々とする日々が続きます。

ちょうど、妻が出産で現場を離れる時期と重なり、結局、「シビアな現場は自分が行く」「夜中の仕事には自分が行く」と、経営のことも現場のことも、自分が背負う形となり、体力的にも精神的にも参ってしまったんです。

今、思うと、自分で何でも背負いこみ、スタッフにも気を遣い過ぎていたと反省ばかりですが、その時は落ち着いて考える余裕もなく、ギリギリの状況でした。
「このままではとても持たない」。
そう考え、会社の数字も悪い状況ではなかったのですが、「一旦、休業したい」と五島さんにも伝え、これからのことをまっさらになって考えてみようと田舎に帰ったんです。

その間、五島さんとの契約は一番安価なプランに替えてもらい、3か月に1回ぐらい、メールで連絡をもらっていました。
結局、色々と考えた挙句、別の場所で、再び訪問看護のビジネスを再スタートしようと決意。
しかし、拠点となる場所探しを含め、なかなかリスタートが切れないまま、決算の時期となり、五島さんと再び会うことになりました。

%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e3%81%ae%e6%96%b9%e5%90%91%e6%80%a7%e3%80%81%e5%be%93%e6%a5%ad%e5%93%a1%e6%95%99%e8%82%b2%e3%81%ab%e6%80%9d%e3%81%84%e6%82%a9%e3%81%bf%e3%80%81%e4%b8%80%e6%97%a6%e4%bc%91%e6%a5%ad

急かさず、見捨てず、ずっと見守ってくれた心強い味方

田中 久しぶりに再会し、事情を話すなかで言われたのが、会社立ち上げ時と同じ。スピード感を持って経営を回していくべし、ということでした。
「あれこれ思い悩むより、6畳一間でもいいから、早く決めてスタートしましょう」と。

私としては、ちゃんと新しい事務所を決めてから、「五島さん、またお願いします!」とやるつもりでしたが、「確かにこのままチンタラしていたら、ラチがあかない」と。
再びお尻を叩かれる結果となってしまいました(笑)。

でも、私のように思い悩み、なかなか行動に移せない人間に対しても、決して急かすこともなく、かといって放ったらしでもなく、定期的に必ず連絡をくれて気遣ってくれる。
そして、イザと言う時に、しっかりと叱咤激励してくれる。
とかく経営者は孤独になりがちですが、一緒に仕事をする妻以外に、プロの立場で支えてくれる味方がいるというのは、本当に心強かったし、うれしかったですね。

葉っぱをかけられたおかげで、ようやく拠点も決定し、いよいよリスタートを迎えます。
今度こそ、経営者としてもさらに成長し、事業を軌道に乗せていきたい。
そして、以前よりも売上をしっかりとあげ、五島さんにも胸を張って顧問料をバンと払えるように(笑)、頑張ります。


毎月3名限定で無料相談を行っています。

五島洋税理士事務所では、
毎月3名限定で無料相談を実施しています。
お気軽にお申し込みください。
第1金曜日:セカンドオピニオン
第3金曜日:起業相談

電話でのお申し込み
03-6906-8430

webでのお申し込み

※こちらのボタンを押しても
お申し込みにはなりません。ご安心ください。

この記事が気に入ったら
“いいね” しましょう!

社長のための経営相談所の最新記事をお届けします。

関連記事related articles